Telescope SEO Blog「回答が終了したQ&Aページでも構造化データマークアップは残しておいて問題ない」サムネイル画像
Telescope SEO Blog

回答が終了したQ&Aページでも構造化データマークアップは残しておいて問題ない

2019年3月7日公開のGoogle Japanese Web Master Office Hourにて, Q&Aページの構造化データについて以下のような質問が寄せられました.

「一定期間で回答募集が終了するQ&Aページにおいて, 回答期間が終了しても構造化データは残しておいて問題ないのか?」

これについての回答としては, 質問 / 回答がユーザーから寄せられたものであれば構造化データは残しておいて問題ないというのがGoogleによる回答でした.

前提として, Googleのガイドラインではユーザーが投稿できないページでのQ&Aデータの構造化データのマークアップは禁止しています.

しかし, 今回のケースのようにユーザーが回答を投稿する期間が設けられた後に投稿ができないステータスとなっていても, それがユーザーによって投稿されたものであれば構造化データもそのまま残しておいて問題ないとのことでした.

参考のため, Q&Aページの構造化データマークアップに関するGoogleコンテンツガイドラインの要約を以下に記載します.

Q&Aページの構造化データに関するガイドライン概要

①Q&A構造化データを使用できる場合の例

(1)1つの質問に対してユーザーが複数の回答を送信できるフォーラムページ

(2)1つの質問に対してユーザーが複数の回答を送信できる製品サポートページ

②Q&A構造化データを使用できない場合の例

(1)質問に対する回答が1つしかなく, ユーザーが他の回答を追加できないコンテンツ

(2)サイト運営者が作成し, ユーザーが他の回答を送信できないFAQページ

(3)1つのページにユーザーが複数の質問と回答を送信できる製品サポートページ

(4)質問と回答で構成される利用ガイド

(5)質問と回答で構成されるブログ記事

(6)質問と回答で構成されるエッセイ

Q&Aページの構造化データのマークアップ

今回の例だけでなく, Q&Aページの構造化データのマークアップについては比較的複雑なガイドラインと例外ケースがあるため, 実装には注意を払う必要があります.

良かれと思って実装したらガイドライン違反だった, というケースが多分に起こり得ます.

同時にQ&Aページのリッチリザルトは魅力的で, CTRの向上も期待されます.

Yahoo!知恵袋のQ&Aの実装などはガイドラインに準拠しつつ構造的にも綺麗だと思うので, 参考にしてみるといいかもしれません.

株式会社Telescope SEO担当 山内遼

SEOのご相談は, 問い合わせフォーム よりご連絡ください.

Telescope SEO Blog トップ

株式会社Telescope概要

社名    株式会社Telescope(Telescope Inc.)

代表者   山内 遼(代表取締役)

所在地   東京都渋谷区円山町28-4 大場ビルA館 6階B室

設立    2016年7月7日

資本金   4,194万円

事業内容

Telescope Inc.(株式会社テレスコープ)トップ


Haruka Yamauchi

株式会社Telescope代表取締役社長 / CEO